以下のことを意識しながら、信仰生活・教会生活をなしています。

1.唯一の頭・かなめ石である救い主イエス・キリスト

 

教会の唯一の頭・かなめ石である救い主イエス・キリストは、どんなときも父なる神の御心と御計画に聴き従われました。わたしたちクリスチャンは、救い主イエス・キリストの十字架の贖いという神の愛と恵みによって、新しい命・永遠の命に生かされています。わたしたちクリスチャンは、救い主イエス・キリストの体・弟子です。父なる神の御心と御計画を最優先にすることが求められています。このために、それぞれの持ち場において聖書を読みつづけます。祈りつづけます。救い主イエス・キリストのように、父なる神に自らのすべてを明け渡していきます。聖霊の充満を祈り求めながら、父なる神が預けてくださったタラントンを積極的に活用して、「地域に開かれた教会」、「地域に根ざした教会」になります。救い主イエス・キリストの香りを大胆に放っていきます。

 

2.主日聖守の実践

 

主日礼拝は、信仰生活・教会生活をなしていくうえで、きわめて必要不可欠です。父なる神のもとに帰るその日まで主日礼拝を休むことなくささげていくことが肝心です。「主日聖守」を実践します。主日礼拝に最優先順位を置きます。救い主イエス・キリストによって現わされた父なる神の愛と恵みに感謝して、父なる神がわたしたちを礼拝の民として招いてくださったことを覚えて、主日礼拝を1週間のよき出発点・締め括りとします。

 

主日礼拝では、心をひとつにして、霊と真理をもって礼拝をささげます。礼拝に出席できない友、礼拝から遠のいた友、痛みや苦しみにある友、求道の友、教会に集うこどもたち、それぞれの持ち場で出会う方々などを覚えて、とりなしの祈りをささげます。貸会場の各グループのひとりでも多くが救い主イエス・キリストに繋がることを祈ります。

 

遠方に出かけるときは、その地の教会を事前に調べて、その主日礼拝に出席します。体調不良などによって主日礼拝にどうしても出席できないときは、その主日の礼拝順序(聖書箇所など)に目をとおして、その場で礼拝をささげます。そして、主日礼拝に出席できるようになることを祈り求めます。父なる神に応答する祈り、とりなしの祈りをささげます。

 

3.ファミリー会の活性化

 

教会全体の交わりを活性化できたらという願いから、ファミリー会は立ち上げられました。ファミリー会の働きは、主にふたつあります。

 

   1)遠くにおられる姉妹兄弟、また、諸事情によって教会に来られない

     姉妹兄弟を覚えて祈ったり、連絡したりすること

   2)ともに奉仕を担うこと

 

教会は、神さまを父とする霊的な神の家族・家庭です。たがいに支えあいながら、それぞれの課題や祈りを分かちあいます。

ファミリー会ごとの交わりを深めていきます。祈祷会や食事会などをとおして、霊的な繋がりを強めていきます。

 

Updated on Jan. 23, 2017

            主 の 祈 り ≫

 天にまします我らの父よ、
 ねがわくはみ名をあがめさせ
 たまえ。
 み国をらせたまえ。
 みこころの天になるごとく地にも
 なさせたまえ。
 我ら日用を、今日も与え
 たまえ。
 我らに罪をおかす者を我らが
 赦すごとく、我らの罪をもゆるし
 たまえ。
 我らをこころみにあわせず、
 悪より救い出したまえ。
 国とちからと栄えとは限りなく
 なんじのものなればなり。
             アーメン。

     ≪ 使 徒 信 条 ≫

 わたしは、天地の造り主、全能の
 父である神を信じます。

 わたしは そのひとりご、わたし

 たちの主、イエス・キリストを

 信じます。
 主は聖霊によってやどり、おとめ
 マリアから生まれ、ポンテオ・
 ピラトのもとで苦しみを受け、
 十字架につけられ、死んで葬られ、
 よみにくだり、3日目に死人の
 うちからよみがえり、天にのぼられ
 ました。そして全能の父である神の

 右に座しておられます。そこから

 こられて、生きている者と死んで

 いる者とをさばかれます。
 わたしは聖霊を信じます。きよい

 公同の教会、聖徒の交わり、罪の

 ゆるし、からだのよみがえり、
 永遠のいのちを信じます。

             アーメン。