2021年度 主題聖句

 

モーセの後継者としてイスラエルの民を指揮していたヨシュアは「わたしとわたしの家は主に仕えます」(15節)と言い表し、主なる神に仕えるのか、または主なる神を捨てて偶像に仕えるのかと、イスラエルの民に問いかけました。どちらにするのかをはっきりさせるようにと迫りました。これに対して、かれらは「主を捨てて、ほかの神々に仕えることなど、するはずがありません」(16節)、「わたしたちも主に仕えます。この方こそ、わたしたちの神です」(18節)と答え

ました。

 

イスラエルの民の選択・決意の言葉を受けて、ヨシュアは、それがどれだけ堅固なのかを確かめるかのように言いました。「あなたたちは主に仕えることができないであろう。この方は聖なる神であり、熱情の神であって、あなたたちの背きと罪をお赦しにならないからである。

もし、あなたたちが主を捨てて外国の神々に仕えるなら、あなたたちを幸せにした後でも、一転して災いをくだし、あなたたちを滅ぼし尽くされる」(19~20節)。すると、かれらは「いいえ、わたしたちは主を礼拝します」(21節)、「わたしたちが証人です」(22節)、「わたしたちの神、主にわたしたちは仕え、その声に聞き従います」(24節)と答えました。

 

その後、ヨシュアはイスラエルの民と契約を結び、かれらのために掟と法とを定め、それらの言葉を主なる神の教えの書に記しました。そして、大きな石を取って主なる神の聖所にある木のもとに立て、「見よ、この石がわたしたちに対して証拠となる。この石は、わたしたちに語られた主の仰せをことごとく聞いているからである。この石は、あなたたちが神を欺くことのないように、あなたたちに対して証拠となる」(27節)と告げて、かれらを各々の嗣業の土地に送り出しました。

 

だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。(マタ6:24)

 

どんな召し使いも二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。(ルカ16:13)

 

長岡京教会はいま、創立47年目の歩みと働きをなしています。主なる神によって選び出されてクリスチャンとなった存在として、救い主イエス・キリストが唯一の頭・かなめ石であると告白する信仰の群れとして、これからも主なる神の国と義を何よりもまず求めつづけましょう。主なる神の支配・統治に生かされていることを体験・感謝しながら、主なる神を選びつづけましょう。主なる神を礼拝しつづけましょう。主なる神に仕え、主なる神の御言葉に聴き従いつづけましょう。

 

シャローム!

 

Updated on Sep. 20, 2021

            主 の 祈 り ≫

 天にまします我らの父よ、
 ねがわくはみ名をあがめさせ
 たまえ。
 み国をらせたまえ。
 みこころの天になるごとく地にも
 なさせたまえ。
 我ら日用を、今日も与え
 たまえ。
 我らに罪をおかす者を我らが
 赦すごとく、我らの罪をもゆるし
 たまえ。
 我らをこころみにあわせず、
 悪より救い出したまえ。
 国とちからと栄えとは限りなく
 なんじのものなればなり。
             アーメン。

           ≪ 使 徒 信 条 ≫

 わたしは、天地の造り主、全能の
 父である神を信じます。

 わたしは そのひとりご、わたし

 たちの主、イエス・キリストを

 信じます。
 主は聖霊によってやどり、おとめ
 マリアから生まれ、ポンテオ・
 ピラトのもとで苦しみを受け、
 十字架につけられ、死んで葬られ、
 よみにくだり、3日目に死人の
 うちからよみがえり、天にのぼられ
 ました。そして全能の父である神の

 右に座しておられます。そこから

 こられて、生きている者と死んで

 いる者とをさばかれます。
 わたしは聖霊を信じます。きよい

 公同の教会、聖徒の交わり、罪の

 ゆるし、からだのよみがえり、
 永遠のいのちを信じます。

             アーメン。